Clicky

幹細胞研究の良い点と悪い点

幹細胞研究の良い点と悪い点

 
クスコ゚ーフテヨ: 一般的課題 >> 幹細胞研究の良い点と悪い点

幹細胞研究の良い点と悪い点−幹細胞とはなんでしょうか?
最近、幹細胞研究の良い点と悪い点のについて課題となっています。ではその検討課題が何であるか調べてみましょう。幹細胞(ステム)は“分化したさまざまな細胞”とは対照的です。それらは殆んどの細胞に侵入同化し成長する可能性を持つため医療の進歩に多大な希望を与えています。例えば、脳の神経細胞や脊髄のダメージに有効的であると共に、放射線治療や化学療法を用いるガンの治療で破壊された脳の部分に新しい幹細胞(ステム)を用いる事が出来る。それだけではなく、心臓、肝臓、肺、またその他の部分に使用出来るのです。死んだ細胞と他の負傷や病気でも、健康な細胞のおかげで治療の可能性が現実となり、驚くほど幅広く柔軟性に富む幹細胞(ステム)は多くの人々の助けになり、何十億ドルがこの新しい分野に注ぎ込まれています

幹細胞研究の良い点と悪い点-それれはどこから来たのでしょうか?
幹細胞(ステム)研究の良い点と悪い点を理解するには、まず幹細胞はどこから来るかを認識しなければなりません。幹細胞の三つの主要な供給源は-成熟細胞、脊椎細胞、そして胚細胞です。成熟細胞は骨髄または抹消系から抽出しますが、骨髄が幹細胞抽出の主要となっています。しかし、骨髄から抽出する過程で破壊的痛みは避ける事が出来ません。抹消系細胞は骨にダメージを与えず抽出が可能ですが時間がかかります。健康問題はたびたび非常な時間を費やします。しかしながら、抽出は患者の身体から採らなければならないので困難は避けられません。成熟細胞は臍帯や胚細胞に比べるとより優先され痛みもあります。身体の免疫システムから起きる拒絶反応を防止する理由で完全適合するDNAの必要性は深刻であると共にまた大きな期待ももたれています。

臍帯から抽出する幹細胞は二番目に最も有効的です。完全適合する胚細胞の提供者は家族が最適であるため、妊娠中に臍帯細胞を抽出して新生児の為に将来の保険制度として低温セル・バンクに保管したり、また臍帯細胞は母親、父親、そして他の人々にも用いる事も可能です。遠縁になればなるほど、その細胞は免疫システムが原因で拒絶反応を引き起こす可能性が高くなるといえるでしょう。しかしながら、血液提供が一般的であるように、細胞の提供者も血液提供と同じように一般的となっているので適合したDNAを見出すのは可能です。提供と保管バンクのプロセスは血液バンクのシステムと似通っていると同時に臍帯細胞の提供は極めて成功しています。臍帯細胞を成熟細胞と胚細胞に比較すると、臍帯細胞は群を抜いて最も有効性に富み必要なとき使用する為保管しておく事も出来ます。さらに、提供者と受け取る側のDNAが完全に適合しなくても、化学者達は移植の可能性とリスク減少の方法を築いているのです。

幹細胞研究の良い点と悪い点-胚細胞
第三番目物質源である胚細胞の調査をするとき、幹細胞研究の良い点と悪い点が表面化します。幹細胞は胎児の分化が始まる前に抽出されます。この段階の胎児は“胚盤砲”と呼ばれ、胚盤砲は約100にのぼる細胞を有し大部分が細胞で占められています。生きたまま永遠に培養の中で増え、2-3日ごとに幹細胞は二倍に増え続けます。遺伝物質は人間の受精した卵からスタートします。単一の胚盤砲複製セットの幹細胞は“幹細胞株”と呼ばれています。2001年8月、ブッシュ大統領は15の使用可能である幹細胞株の研究に連邦政府の補助金を支給しました。他の幹細胞株も研究可能ですが、連邦政府の補助金と支援は許可されていません。

ではこれらに関して何が検討問題となるのでしょうか? 人間の生命に価値を置き重要視する人々は胚細胞の研究に反対します、なぜなら胎児からの幹細胞抽出には破壊が伴うからです。言い換えると、抽出の必要条件は人間の命を破壊するので、ある人々は殺人と見なすのです。それに反して胚細胞研究支援者達は、この小さな胚盤砲には人間の特徴は見られないと議論します。さらに進んで、既に現在新しい幹細胞株は体外受精として一般的に実施されているのです。研究支援者側は、既に保管されている人間受精細胞は研究が目的ではなく、さらに胎児細胞研究支援者達は新しい人間の生命が唯一つの目的の為に実験されているのではないと主張しています。

このような研究について医療界では別な反対議論が持ち上がっています。パーキンソ病で胚細胞治療を試みたマウスはそのうちの約20%が脳腫瘍で死んだと報告されました。1長期間の胚細胞保管は癌を生み出す染色体に異常を来たす事を発見。2 実利的見地から、熱心な幹細胞研究は他の二つの希望も薄れ、今までに挙げられた幹細胞研究に対してもそれほど物議が醸しだされないでしょう。

もっと学びましょう!

1 The Real Promise of Stem Cell Research(幹細胞研究の現実達成) Dr. David Prentice, HealthNewsDigest.com
2 胚盤砲から誘導する人間の幹細胞株、C.A.Cowan and Others. March 25,2004, New England Journal of Medicine,P.1355 13‐17 P.1356は第二脚注参照。


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


一般的課題

妊娠中絶賛同
妊娠中絶支持
ヒトゲノム(遺伝子染色体)企画
ノスタルダムスの予¥¥¥言
幹細胞研究の良い点と悪い点
ヒト遺伝子工学
新世界秩序
金銭問題
ハロウィンの起源

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 幹細胞研究の良い点と悪い点 to My Google!
Add 幹細胞研究の良い点と悪い点 to My Yahoo!
XML Feed: 幹細胞研究の良い点と悪い点
一般的課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutPopularIssues.org, 著作権所有.