Clicky

クローニングと倫理観

クローニングと倫理観

 - 聖書的見地
クスコ゚ーフテヨ: 一般的課題 >> クローニングと倫理観

クローニングと倫理観 - 習慣的問題
クローニングと倫理観は21世紀の文化の第一線に現れました。しかし、医学、哲学、化学、そして政治部門は彼らの見地から活発に意見を述べているので、これらの問題について聖書はなんと言っているか調べるのは賢明です。現代の問題であるクローニングについて聖書は具体的に言及してはいませんが、私達は聖書の中の原則を見て、その問題に適用し神が私達にどのように応答して欲しいかを理解する事ができます。

クローニングと倫理観-聖書の原則
クローニングと倫理観に関して、神は全ての生命の執筆者であると聖書は明確に示しています。クローニングの問題に適用できる箇所は、詩篇100:3、“知れ、主こそ神、主が私たちを造られた。私たちは主のもの、主の民、その牧場の羊である。”

神が私たちを造られたと言う箇所は他にも多くあります。いくつかを挙げてみました:

詩篇139:13-16、“それはあなたが私の内臓を造り、母の胎のうちで私を組み立てられたからです。私は感謝します。あなたは私に、奇しいことをなさって恐ろしいほどです。私の魂はそれを良く知っています。私がひそかに造られ、地の深い所で仕組まれたとき、私の骨組みはあなたに隠れたはいませんでした。あなたの目は胎児の私を見られ、あなたの書物にすべてが、書きしるされました。私のために作られた日々が、しかも、その一日もないうちに。”

イザヤ44:2、21、24、洛セ者イザヤはこう言って、“あなたを造り、あなたの母の胎内にいる時から形作って、...わたしがあなたを造り上げた、...あなたを贖いあなたの母の胎内にいる時から形造った方、主はこう仰せられる。わたしは万物を造った主だ。わたしはひとりで天を張り押し広げた。”

詩篇119:73、“あなたの御手がわたしを造り、わたしを形造りました。”

クローニングと倫理観-聖書的価値観
これら聖書の箇所を見て、クローニングと倫理観について二つの主要な真理の宣告が見られます:(i)生命は胎内で始まり(ii)神が生命を形造った。なぜなら私たちは神の創造で神のかたちとして造られ(創世記1-26を参照)、そして命は貴重です。化学社会では“スペアーパーツ”として適用する幹細胞や臓器、その他もろもろを作りだし努力は聖書的でないと言えます、なぜなら一つの命であるクローンが他の命と比べても同等に価値があるからです。

クローニングと倫理観‐聖書の結論
クローニングの倫理観に関して最近自分自身のDNAを用いて自分達の子供を作り出そうとするあるカップルがニュースになっています。これは化学的方法で妊娠させる、培養受精や人口受精と変わりないと言う人もいます。どうして自分のDNAの複製された子供が必要なのでしょうか?自分と全く同じ者を作り出すほど私たちは自分を愛しているのですか?もしそうなら、クローニングとは、自分自身を神として崇拝する種類の人間を作り出す者に陥ってしまうでしょう。初の第一番目では他の如何なる神々を礼拝してはいけない、とあり、その命令は私たち自身を崇拝してはいけない事も含まれています。

もっと学びましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


一般的課題

教会と国家の分離
部分出産中絶
マリリン・マンソ¥¥¥ン
幹細胞研究の良い点と悪い点
ヒトゲノム(遺伝子染色体)企画
妊娠中絶支持
ヒト遺伝子工学
金銭問題
イースター島の歴史

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add クローニングと倫理観 to My Google!
Add クローニングと倫理観 to My Yahoo!
XML Feed: クローニングと倫理観
一般的課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutPopularIssues.org, 著作権所有.