Clicky

人種的偏見

人種的偏見

 - 人種差別
クスコ゚ーフテヨ: 一般的課題 >> 人種的偏見

人種的偏見‐なんですか?
人種的偏見は全世界の種族と人々に影響する陰湿な道徳と社会的疾患です。まず恐れ、非寛容、分離、種族的分離、差別、そして憎悪など数多くの症状から明白に陰湿な疾患である人種的偏見を診断する事が出来ます。これら全ての症状の裏に隠された人種的偏見のひとつの原因は無知に他なりません。歴史的にも人種の定義付けは生物学的にその特長で種族を識別して来たのです。

人類は同じホモ・サピエンスに属し、髪の色とその質感、または肌の色、目の色と形、体と手足の部分、そして顔つきやその組織から種族を識別する事が出来ます。人々の間に見られる違いがあるとはいえホモ・セピエンスである人間は異なった特徴より同じ特徴を多く備えていると生物学者の結論も至りました。だが人類は継続してお互いの特徴を外見上で判断するのです。

確かに人間は外見上違った風貌をしています;病気の症状が行動で表れると:不寛容、分離、そして憎悪の問題が歴然とするのです。肯定的見解は、世界中の違った人種が地球の隅々の土地に住む人々の驚くべき独自性をお互いに受け入れる事です。違った人種の独自性を見識すれば、違いからの分離で他のグループを劣ったグループだとするような人種的偏見は防げるのです。

人種的偏見−私たち全員が持っているのでしょうか?
人種的偏見はすべての人々に影響します。どんな人種的偏見でも、表面的特長をもとにした人種的偏見はその“偏見”自体ですべての人々がさまざまな次元で“苦しんで”いると正直に結論を下すべきです。私たちが個人を知らなければ外見をもとにして意識的に、または無意識にその人を特徴付けてしまうのです。もう一度言います、このような事は真に人の性格と人格の無知が原因なのです。

このようなアイデアは、両親の直接の行動または間接的行動から教わったのかも知れません。原因が何であっても、社会的に最も見識ある階級の人々でも、ある程度人種の特徴と外見をもとにして判断するのです。

人種的偏見−地域社会への暗示は何か?
人種的偏見が現在の地域社会を形ずくるのです;確かに差別は遠い昔から地域社会を形ずくりました。人々がその違いから虐げられたのは、アブラハムの子供達のイサクとヤコブがゴシュンの地に住んでいた頃にさかのぼることができます。すべての霊性の意味合いを超えてエジプトに居住していたイスラエル民族に、エジプト民族は恐れを抱いていたのです。違いのある所には、恐れと、非寛容と不当な処置があるのです。

ナチスのヒットラーから南部アメリカの奴隷所有主まで、民族が敵対する結果は残虐行為でした。近代社会の人種的偏見の疾患を是正するには、お互いを尊敬と品位を持って受け入れ“取り扱い”自由の権利と奪う事の出来ない生涯を追及できる立法で保証された計画図面を成立する事です。人類の行動は規制できても、彼らの思いと恐れを規制する事は出来ません。それ故に、地域社会はこの疾患によって継続的に苦しむのです。討論、提携、そして理解と寛容で促進一致のイニシアチブを取らなければなりません。

最もよい答えは聖書で発見できるでしょう:“そこで、イエスは彼に言われた。「心を尽くし、思いを尽くし、知力を尽くして、あなたの神である主を愛せよ。」これが大切な第一の戒めです。「あなたの隣人をあなた自身のように愛せよ」という第二の戒めも、それと同じように大切です。律法全体と預言者とが、この二つの戒めにかかっているのです。”(マタイ22:37−40)。

使徒の働き17:26では、“神はひとりの人からすべての国の人々を造り出して...”と言っています。

他の人を愛することについてもっと学びましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


一般的課題

ヒトゲノム(遺伝子染色体)企画
教会と国家の分離
マリリン・マンソ¥¥¥ン
新世界秩序
ハロウィンの起源
幹細胞研究の良い点と悪い点
クローニングと倫理観
妊娠中絶支持
ノスタルダムスの予¥¥¥言

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 人種的偏見 to My Google!
Add 人種的偏見 to My Yahoo!
XML Feed: 人種的偏見
一般的課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutPopularIssues.org, 著作権所有.