Clicky

部分出産中絶

部分出産中絶

 - 伝説の中の慰め
クスコ゚ーフテヨ: 一般的課題 >> 部分出産中絶

部分出産中絶‐伝説の中の慰めを発見
部分出産中絶について最近のWall Street Journalでトピックの記事となっています。次のレターはWall Street Journalに掲載された記事とその編集者に対して受けたものです(情報源:Wall Street Journal;5月14日、2001)。

部分出産中絶−編集者への手紙
ジャーナル誌は読者に、部分出産中絶は“希有”な手段であると流布しています、“通常このような処置は、母親の生命の危険、または胎児に重い奇形がある場合です”(“Drive to Ban Abortion Procedure Slows,”4月27.)しかしこれらの主張は、1995年中絶賛成者擁護団体がでっち上げたもので、1997年初めには完全に疑問視されています。

ジャーナル誌曰く“批評家...時々その処置は状態が極度にひどくない時でも行なわれると強く主張。”事実は、お金を受け取り中絶を行なう医師その人にかかっていて、部分出産中絶は通常五ヶ月目から六ヶ月目の妊娠で単に人工中絶として定期的に行われてる、とスポークスマンは自らそれを認めて述懐しています。例えば、National Coalition of Abortion Providersの経営デレクターである Ron Fitzsimmonsはニューヨークタイムスでこう言っています“人工中絶する圧倒的多数が健康な母親と健康な胎児である”(1997年2月26日)。

Fitzsimmons氏は他に年間約4,000-5,000人が部分出産中絶処置をしているといっています。彼は“パーティー・ライン(共同線)”を通して “私は知っていながら嘘を言いました。”と、自ら伝播した事を後悔したのです。部分出産中絶は医学的異常がある状態である場合と言う、その主張をHackensack(N.J.) とWashington Post,またその他のレポーターは反証したのです。これらのレポーター達は中絶を行なう人(医師)、人工中絶の処置をしていると一般に知られている人々に数え切れないほどインタビューをしているのです。

1997年1月、PBSのマスコミ批評家の番組“マスコミの問題”で、先駆けて部分出産中絶について嘘を流布した中絶推進者の報道ニュースの扱いは無批判的でした。

尊敬されるはずの国際的新聞の見え透いた誤りの情報から四年後、あるジャーナリスト達が中絶の伝説に付着し安らいでいるのを見るのです。
Douglas Johnson, Legislative Director
National Right to Life Committee
Washington

部分出産中絶-自己満足に陥らない事
部分出産中絶はまったくグロテスクです。どのように処置されるかあなたがまだ知らないなら、その事が起きたとき現実が分かるでしょう。まったくばかげている、これは政治的問題であって、道徳的・倫理的・宗教的問題ではないのだと言いながら、あなたが傍観し部分出産中絶問題を本流の中に滑り込ませてしまうなら−自分自身を教育し−その後ではっきりあなたの意見を主張してください!

もっと学びましょう!


この情報はあなたのお役にたちましたか?下記のメ[シャルボタンを利用して他の方と共有してくだされば幸いです。 これは何ですか?




私たちに続く




English  
Social Media
以下次のとおり:

私たちと会話:


一般的課題

妊娠中絶支持
イースター島の歴史
マリリン・マンソ¥¥¥ン
ヒト遺伝子工学
ハロウィンの起源
妊娠中絶賛同
教会と国家の分離
新世界秩序
クローニングと倫理観

自然科学の見解で神は存在するか?
理論的見解で神は存在するか?
聖書は真実なのか?
神とは誰ですか?
イエスとは誰ですか?
宗教とは?
如何して神と共に成長するのですか?
人生の課題
癒しと回復
 
 
 
捜す
 
Add 部分出産中絶 to My Google!
Add 部分出産中絶 to My Yahoo!
XML Feed: 部分出産中絶
一般的課題 家 | 支える | 検索
著作権 © 2002 - 2018 AllAboutPopularIssues.org, 著作権所有.